stylesofnorway.com

久し振りの息子のお料理

今日は夕飯の準備をしていたら、5歳の息子が急に「お手伝いする~!」と言ってやってきました。以前はちょくちょく料理の手伝いをしたがっていろいろとやらせてたけど、最近は面倒になったのか全然手伝う気配が見えなかったので驚きです。

少し手が離せない作業をしていたので、ちょっと待っててと言ったのですが、いそいそと息子用のまな板やらこども包丁やら取り出して切る気満々。今日のメニューで包丁を使うのはキャベツの千切りくらいしかないのに。

でもここで「今日はいいよ」とでも言ってしまうと機嫌を悪くして手が付けられなくなります。仕方ないのでハムを切ってもらうことにしました。

ちょうど賞味期限が近いハムが2パックあったので、適当な大きさに切ってもらってスクランブルエッグと一緒に炒めようと思って。時々作るこの料理は息子のお気に入りで、ウキウキしながら切ってました。

特に切り方を指定しないで切らせたところ、意外と安定した切り方をしてくれてました。前は大きさバラバラで、なぜか超細切れとかがたくさんあったのに。ずいぶん成長したものです。

切り終わったハムを炒めてスクランブルエッグを作ろうと思ったら、これも息子が「やりたい!」と言い出したのでやらせてみました。スクランブルにしなきゃいけないのにフライパンに流し込んだ卵液を見て「おぉー!」と眺めているだけで若干スクランブルしきれなかったけど、久々の料理としてはまあ上出来です。